お金の使い方が荒いと思われることも

67-09

あなたは好調印象を持ってもらう為に、自分が所持したりするある数多くないブランド品や、煌びやかな装飾品で身なりを固め、調停を行おりました。そうして、靴はサンダルに、化粧はもの凄く派手。

たとえると、次の二つの例を比べて下さい。さっきの例では、どちらが優良印象を持つかは明確そのためね。

一方は、上下スエットの服装で、髪の毛はボサボサで長めの金髪。服装や身なりひとつで調停委員の印象がガラリと変わります。

年配の方が好む常識的な服装や身なりをしてるかで、第一印象の全てが決まります。調停委員に粗品印象を持たれない為には、服装などキッチリするのは大前提です。

たとえ、スエット姿の女性が、どういうなに礼儀正しくて、言葉も知的であったとしましても、調停委員からするそしたら、格好が奇抜な時点でアウトです。そして、靴はパンプス、化粧は薄め。

例えば、夫の金銭トラブルが原因で調停を申し立てたとします。だからと言いまして、全身ブランド品で固めるのは逆効果です。

服装や身なりは、その人となりを「伝える」為の第一歩です。しかし、全身ブランドで固め、煌びやかな装飾品をつけちゃっている姿を見れば、「お金の使い方が強暴のはそっちの方では?」次のように調停委員は首を傾げるのでしょう。

調停で話を聞くのは調停委員です。マイナスからのスタートなってくるので、相手はおのずと有利となって、これは不利になることは必須です。

もう一方は、白シャツに一般的なスーツの服装で、髪は黒髪で綺麗に仕切ってる。「夫はお金の使用の仕方が荒く、そのせいでいつも家計は圧迫し、私は我慢をしてきました」次みたいに泣きながら調停委員に訴えたとします。

調停委員の多くは高齢者なので、「常識」的な格好を好みます。

関連記事

コメントは利用できません。

ページ上部へ戻る