いろんなシーンに対応するには可能

67-06

この2本を上手く利用することによりまして、いろんなシーンに対応するには可能になるんです。カジュアルスタイルには、遊び心のある腕時計で「ハズすスタイル」を楽しまれてみるのも最善でしょう。

レースなどでガーリーさをミックスさせてみたカジュアルスタイルに、文字盤のでかいメンズライクな時計やミリタリー調の時計をプラスしてもカワイイですし、キレイ目のカジュアルスタイルにデジタル時計をつけるのもお洒落です。それだけですが「お洒落な人」という印象を周りにもたらすことは出来るはずなのです。

一見普通のカジュアルスタイルに見えますのに、手元を見れば「人とは違う」というところがポイントになるのでしょう。ボリュームのある時計や、蛍光色の時計、玩具っぽさを感じるカラフルな時計、迷彩や水玉柄などのプリントものなど、あくまでも取り入れることで、人とは違うコーディネートが完成します。

腕時計は仕事用とプライベート用の2本持つことで、オンオフのスイッチをきちんと切り替えることができます。仕事に出かける前に仕事用の腕時計をつけることで、気が引き締まると言えるでしょう。

全身黒のモードな服装にイエローやグリーンなどの蛍光色の時計、Tシャツとジーンズのシンプルな服装に、ヴィヴィッドカラーやポップな柄の時計をプラスするのも優良でしょう。仕事で使用する腕時計は、フォーマルで落ち着いた雰囲気のものを選び、プライベートで使用するものには、個性やお洒落を意識したものをチョイスすることの方がお勧めです。

コメントは利用できません。

ページ上部へ戻る