派手なポイントがついたようなものは避ける

67-01

また親族のものが、お線香や蝋燭の灯でご遺体を夜を通して守るため保存技術などが今ほど発達してないでした時代からの、日本の習わしとなってきた。まずお通夜とは、近親者が、亡くなった方と共に一晩過ごし、邪霊などの侵入を防ぐといいました意味合いがあるのです。

別に社会人になれば、ぼくの身内や近所の知人友人ばかりでではなく会社関係の方のお通夜やご葬儀に参列する機会も増えるかもしれない。光沢のあるものや柄、派手なポイントがついたようなものは避けて、無地のものがよいです。

喪服を持ってない方は、オールシーズン着用出来るものもあげられますので、1着は持っていたほうが好調ですよね。そうして、ご葬儀にはきちんと喪服を着用するのがマナーなので気をつけましょう。

後日予定されました告別式に参列できません場合や遺族である場合は別ですが。もし火急の不幸なら(時間がない、金銭面のつながりで購入できませんなど)知り合いや友人に尋ねてみましょう。

レンタル、という人法もあげられます。故人の在りし日を思われますに似合い服装は、決まってそうとは喪服でないそしたらいけないのだという決まりはないです。

基礎的には、お通夜に限り「取り急ぎ駆けつけました」という旨をこめて、パンツスーツでも大丈夫でしょう。喪服(礼装)と黒のスーツ(平装)では色味がはっきり違いるので、セレモニーの参列者の中では真に目立ってしまいましたとしてましています。

しきたりにつらい方などは「お通夜に喪服で来るのは、用意をしてましたのか」と、考えれることもあるが現代は稍々緩んできているのです。色も黒が好調ですけど、なければ落ち着いたカラーのスーツでも支障はありません。

関連記事

コメントは利用できません。

ページ上部へ戻る